前へ
次へ

弁護士とその勉強方法

弁護士勉強法勉強に必要な3つの力について1感情やる気をコントロールすることの力達成イメージトレーニングほう、勉強の2時曲線、三日坊主勉強法2戦略計画を立てて継続する方法1冊書き込みノート術、アップデート勉強法など3思考自分の頭で深く考える力なぜ思考、1度忘れる記憶法、要約力、論理力、直感力などおちこぼれたくないというかんじょうとじぶんはてんさいではないというコンプレックスをポジティブにりようできたからこそひとよりもながいじかんしゅうちゅうしてつくえにむかうことができる。べんきょうにたいするふあんあせりひけめれっとうかんなどのマイナスのかんじょうをうまくりようするほうほう。かんじょうをじょうずにこんとろーるする。

弁護士になるための勉強法

弁護士になるには、司法試験に合格しなくてはなりません。では、司法試験に合格するには、どのような勉強法が適しているのでしょうか。教科によって異なりますが、司法試験では、具体的な事例が与えられ、それをどのように、解決するのかといった、事案の解析能力が求められています。この解析能力を身につけるには、最高裁判所の重要判例を深く学ぶ必要があります。判例は、場当たり的な結論を述べているのではなく、結論に至るまで詳細な利益衡量や、法律解釈を行っています。そうしなければ、判決を受ける国民が納得しないからです。争いのある事実からうまく法律論に落とし込んでいます。法律を勉強していると、教科書に載っている理論や解釈論にばかり目が行きがちですが、法律家には具体的事案を解析する能力が求められています。判例を学ぶことで、試験で求められているそのような解析能力が身につくのです。

Page Top