前へ
次へ

弁護士の勉強法について

弁護士になるためには普通とは異なる勉強をしないといけないとされていて、普通の勉強ではどうやっても太刀打ちできないと言われているが、工夫して活用してみればかなり良いと言われているのです。その活用法というものは自分で自分なりの参考書を作ってみると言う事であり、このことを行うことで自分の苦手なところが分かったりするのでとても良いとされています。しかし、そうは言うものの弁護士の試験に合格して、なれたからと言って今後も勉強をしなくなることは許されることはなく、実際に仕事をしているときでも勉強をすることは欠かしてはいけないとされているのであるから、これまでの勉強法をずっと続けていった方が自分の力となって戻ってくるのであります。

弁護士になるための勉強法

弁護士になるためには、多くの時間と理解者の協力が不可欠です。都会に居住している方なら、司法試験予備校などが多くありますが、地方の方々にとっては、通信教育の手法や映像を活用しての独学にならざるを得ません。一昔前と違い、送られてきたテキストをただひたすら読み込むだけの通信教育はなくなりましたが、テキストの読み込み自体は、どんな時代になろうと必ず行わなければならない勉強法です。しかし、法律書は難解で、解釈に自信が持てない場面が多く出てきますし、そのような時は前にすすめなくなり、学習そのものを挫折しそうになってしまいます。したがって、地方の方も、多少の負担は覚悟していただき、司法試験予備校が行っている答案練習会や模擬試験などの単発講座には積極的に参加することをおすすめします。

Page Top