前へ
次へ

弁護士の勉強法について

弁護士になるには、司法試験を受け合格しなければなりません。弁護士の資格を取得する勉強法でおすすめなのは、「7回読み勉強法」です。この勉強法は、東大の法学部を首席で卒業した弁護士の山口由美さんが提案する方法です。その名の通り、教科書を7回読むだけというシンプルな学習スタイルですが、最短でもっとも効果的な勉強手段として注目を集めています。司法試験の勉強法において、一番大切なのは基本を重視して学ぶことです。あれこれ教材に手を出すのではなく、基本となる教材をひとつにしぼり、徹底的に知識を身につけることが重要です。この7回読みの学習方法は、教材の流し読みを繰り返しながら情報を大量に覚えることが出来ます。

弁護士になる勉強法は単なる暗記とは違う

日本最高峰の資格を持つ弁護士を目指す人達のほとんどが、高校、大学と受験勉強を突破し、それなりの有名学校を卒業してきた人達がほとんどです。中には例外もあって、どん底からどのように成り上がったかの体験本を書いている人も居ます。総じて弁護士になるための勉強時間は人生で最も長くなりますが、受験に何度も失敗する人と数回で合格する人には勉強法に違いがあるようです。前者の場合、独学が多く、暗記力で突破しようとして失敗するのです。司法試験は暗記力を試すだけの試験ではなく、理論的な思考力を問うものである以上、勉強法にはそれ相応の対策が必要なのです。無理にでも理屈っぽく物事を、なぜそうなのかを日々考える癖をつけると良いと合格者が語っていました。

Page Top