前へ
次へ

弁護士資格を取る為の勉強法とは

弁護士資格つまり司法試験に受かるには何か特別の方法があるに違いないと思われています。人生において日々の生活の中でこの勉強に割く時間は限られています。これを効率よく行うには、自分に合った教科書を決めて中身を徹底的に覚えこむことも1つです。それから勉強法として過去の問題集を繰り返して解いて行くことも大事です。ポイントは何冊かの教科書に手を延ばすことはどちらの中身もそれだけ理解が薄まるものになるのでやめておいたほうが良いという点です。隅々まで読めばたとえそれが分厚い教科書でなくとも試験問題に対応できるだけの内容をも含んでいるものです。論文試験の場合には論点について判例や学説ではどのように言っているのか、それを使うことでどのような解決方法があるのかを見極めることで対処できるものです。

司法試験の勉強法について

弁護士になるための第一関門が司法試験です。司法試験に合格するためには、予備校などに通うのが一般的です。具体的な勉強法としては、繰り返し問題を解き、知識を蓄えるようにするということが重要になります。複数の教科書ではなく、1つの教科書や問題集に絞り、覚えることにより問題を解くことが出来るようになります。基本的な知識を身に付けた上で、その他の対策を講じるということが重要になります。このような勉強法は司法試験に限った方法ではなく、どのような教科・試験の学習にもつながる方法と言えます。一つ一つの作業としては、単純なことですが、モチベーションを保ちつつ、学習を積み重ねていくということが非常に重要になります。

Page Top