前へ
次へ

弁護士の勉強法は予備校に通うことが最適

弁護士を志す人は、ロースクールに通い新司法試験に合格するか、従来型の司法試験に合格するかの二つの方法で弁護士になることが出来ます。ただ共に難関な司法試験を受験することには変わりはないため、勉強法を確立することが大切です。ただ大学・ロースクール等では試験対策が万全と言えるかについては、そうでもなく限られた時間で試験を解くテクニックも必要と言えます。そのため、一番良い勉強法は、司法試験の対策を行っている予備校に通うことが近道です。その理由としては、実際に司法試験に合格した弁護士等の講師陣がいるため、試験に合格したノウハウを直接、学ぶことが出来るからです。そして、独学よりも同じ試験を目指す仲間が居た方が切磋琢磨できる環境もあり、必然的に努力を行なうこととなります。しかも予備校に通うことで、モチベーションを上げる効果が期待できる点と講師である弁護士との人脈も広げられる点もあり、予備校に通う方法は最適であると言えます。

司法試験に合格した弁護士の勉強法

弁護士を目指し司法試験に合格するには、一体どのような勉強をしたら良いのか色んな経験者の話を読んで、自分に合った勉強法を試してみましょう。無暗に参考書を買い漁るよりは合理的な活用になるのではないでしょうか。少し例を上げると、苦手な所から先に勉強すべし得意なものは後回し、暗記を中心にやる、何度でも読み返す等など。司法試験以外の資格では暗記次第で合格するのは簡単だとおっしゃる現役の弁護士もいらっしゃるようですが、やはり初歩は暗記が一番取りかかり易いと思います。しかし司法試験は応用力も試されるため、暗記から次のステップに進む必要があります。法律学の教科書での勉強はオーソドックスだそうですが、何かに特化した勉強法よりはこちらの方が良いと現役の弁護士がおっしゃっています。

Page Top