前へ
次へ

基本を押さえる事が重要です

無駄を省いた勉強法を知りたいという人は多いのではないでしょうか。弁護士を目指す人の中にもそのような考えを持つ人は多いようです。効率のよい勉強法とは、いわゆる王道と言われている方法であると言われています。奇抜な勉強法では、継続して行うことが出来ず、結果として公立が悪くなってしまいますので注意が必要です。王道な勉強法としては、基本をしっかりと身に付けるということにあります。少しの時間でも見付けて勉強を継続して行うことが重要になります。勉強を継続して行うためには、計画を立てるとともにモチベーションを保つということも大切になります。特に、計画を立てることは重要で、無理なく継続することが出来るような計画を立てるようにしましょう。

即時独立する弁護士が増えています。

司法制度改革以来,司法試験に合格する人数は増え,弁護士の人数も大きく増えました。従来は,まずイソ弁(居候弁護士)としてどこかの事務所に雇ってもらい,ボス弁(事務所の経営者)からお給料をもらいながら経験を積んで,独立するという形がほとんどでした。しかし,人数が増えて雇用してくれる事務所も限りがあるため,最近は修習が終わるといきなり独立という形も増えてきました。日本弁護士連合会でも,このような状況に対応して,「即時・早期独立開業マニュアル」なるものを作っています。即時独立すれば,最初は不安もあるかもしれませんが,自分の判断で自分のペースで自由に仕事ができるという魅力があります。司法修習中の方は,ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Page Top